Baby&Kids

失敗は避けるよりも進んですることでチャレンジできる子に!

vol.901【1日1成長お母さん】落ち込んだりイライラする子どもには失敗してもいいことを教えましょう

失敗を恐れてできることしかしない子どもには小さな失敗体験をさせよう

子どもの性格にはチャレンジ精神旺盛で怖いもの知らず、失敗しても気にせずにどんどん行動する子どももいれば、失敗することに恐れて、できる事だけしかしない子どももいます。小学1年のH君はできないかもしれないことに、何かと言い訳をしながら避けてしまう子どもでした。そんなH君の性格をどうにかしてチャレンジできる子へと変えてあげたいとお母さんは思っていました。

すごいね!よりも頑張ってるね!できた結果を褒めるより過程を認めよう

H君は小さい頃から何でもできる優等生のような子どもで、おしゃべりも早く、歩き出しも早い、かけっこもみんなより早く走れたり、見よう見まねで何でもできてしまう子どもでした。そんなH君、周りの大人たちからいつも「すごいね!」「何でもできるね!」と褒められていました。できた事だけを褒められた子どもは、人の評価を気にするようになるのです。

子どもが泣いたり落ち込んだりしたときは、失敗に対して対処法を教えよう

小さい頃から結果だけを褒められて育つと、失敗した時プライドが傷つき、癇癪を起したり、泣いたり落ち込んだりと手に負えなくなることもあるでしょう。そんな時お母さんや周りの大人は、失敗しないようにと手助けをしたりすることが増えてしまう。これではチャレンジや成長に繋がりません。もともと理解力のある子どもなので失敗したら次はこうしてみよう!など提案や説明を加えることで乗り越えていくことでしょう。

経験が宝!小さな出来たをたくさん経験し小さな失敗もたくさん経験しよう

子どもの頃からの様々な経験こそが、大人になった時の成功へと近づくために最も重要なこと。できる事を細分化し、ひとつずつクリアしていくスモールステップ法で、小さな出来たを積み重ねること。それが、やがて大きな出来たに変わります。そして小さな失敗をたくさん経験することで、出来るようにするためにはどうしたらいいのを考えられる子どもに成長をしていくのです。

今日の1日1成長

すごいね!よりも頑張ってるね!失敗を乗り越えられる子どもにしよう
子どもの乗り越える力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。
神谷京子(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!