出典:photoAC

Baby&Kids

お宮参りはいつ行くのが正しい?時期や服装など抑えるべきポイントも確認!

赤ちゃんが誕生して最初に迎える行事と言えばお宮参りですよね。日本の古くから伝わる風習ということもあり、赤ちゃんが生まれると両親や義両親からも「お宮参りはどうするの?」と尋ねられる場合もあるでしょう。
しかし、お宮参りの正式な行い方が分からないという人も多いのでは?

そこで今回は、お宮参りとはどんな行事なのかどんな流れで行われるかなど詳しく見ていきましょう。

■お宮参りとはどんな儀式なのか知りたい!

出典:photoAC

子どもが生まれたことを神様に報告を兼ねて、健やかな成長を祈って神社に参拝する儀式がお宮参りです。母親が安産のお礼参りをするという意味も込められているので、初宮詣や初宮参りとも言われています。

■お宮参りに行く目安の日の数え方は?男の子と女の子で違う?

生後100日に行うお食い初めの儀式に先立って行われるのがお宮参りです。大体生後1カ月とされていますが、実は男の子と女の子でお宮参りに行く目安の日の数え方が異なります。
正式な計算方法によると、男の子が生後31日目で女の子は生後32日目がお宮参りに行く目安の日とされているようです。祖父母の世代は、昔からのしきたりを守るという場合も多いので、お宮参りには大安を選ぶことをおすすめします。
しかし、季節や天候によって時期を変更せざるを得ない場合もあるでしょうし、赤ちゃんの体調を考えて日にちを決めることが大切です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]