出典:photoAC

Baby&Kids

お宮参りはいつ行くのが正しい?時期や服装など抑えるべきポイントも確認!

赤ちゃんが誕生して最初に迎える行事と言えばお宮参りですよね。日本の古くから伝わる風習ということもあり、赤ちゃんが生まれると両親や義両親からも「お宮参りはどうするの?」と尋ねられる場合もあるでしょう。
しかし、お宮参りの正式な行い方が分からないという人も多いのでは?

そこで今回は、お宮参りとはどんな行事なのかどんな流れで行われるかなど詳しく見ていきましょう。

■お宮参りとはどんな儀式なのか知りたい!

出典:photoAC

子どもが生まれたことを神様に報告を兼ねて、健やかな成長を祈って神社に参拝する儀式がお宮参りです。母親が安産のお礼参りをするという意味も込められているので、初宮詣や初宮参りとも言われています。

■お宮参りに行く目安の日の数え方は?男の子と女の子で違う?

生後100日に行うお食い初めの儀式に先立って行われるのがお宮参りです。大体生後1カ月とされていますが、実は男の子と女の子でお宮参りに行く目安の日の数え方が異なります。
正式な計算方法によると、男の子が生後31日目で女の子は生後32日目がお宮参りに行く目安の日とされているようです。祖父母の世代は、昔からのしきたりを守るという場合も多いので、お宮参りには大安を選ぶことをおすすめします。
しかし、季節や天候によって時期を変更せざるを得ない場合もあるでしょうし、赤ちゃんの体調を考えて日にちを決めることが大切です。

■お宮参りに参加する人は?誰と行くべきなのか

出典:photoAC

母方の両親がお金からお召し物などの準備をお膳立てし、「父方の両親が参加する」というのが正式なお宮参りと言われています。
しかし、最近のお宮参りは誰が参加するなどの厳しい決まりごとはなく、みんなで参加するという場合が多いようです。
また、父方の祖母が赤ちゃんを抱いているお宮参りの写真を見かけるのはこの風習の名残と言われています。

■お宮参りで着せるものは?衣装の決まりについて

男の子と女の子の場合で服装も異なるので紹介します。

・【男の子の服装】白羽二重に紺色掛着

出典:photoAC

男の子の場合は、白羽二重の紋付にのし目模様の紺色掛着または、黒羽二重の紋付がお宮参りの衣装です。一般的には、武者・鷹・虎などの勇敢な絵柄で、凛々しく育って欲しいと願いが込められています。

・【女の子の服装】白羽二重に友禅模様の掛着

出典:photoAC

女の子の場合は、白羽二重に友禅模様の祝い着を羽織るのがお宮参りの衣装です。優しく美しく育って欲しいという理由から、牡丹・桜・蝶などの伝統の絵柄が人気。

出典:photoAC

最近では簡単に着せられる“ベビードレス”も主流になってきているようです。

■お宮参りの流れはどうなっているのか知りたい!

ここでは、お宮参りの流れをわかりやすく紹介するので見ていきましょう。

・どこでお宮参りするの?

出典:Pixabay

生後1カ月が目安にはなっていますが、赤ちゃんの健康と健やかな成長を祝う行事なので、赤ちゃんの体調を優先して、季節の良い時期にするのもひとつの方法です。
夏生まれや冬生まれの赤ちゃんの場合は、気候の安定している春や秋に変更してもいいでしょう。

・正式なお宮参りの場合は神社に事前予約必須!

出典:photoAC

正式に神社でお宮参りをするのならば事前に予約をし、神主さんに祝詞をあげて貰いましょう。玉串料や初穂料の金額も事前に確認して用意しておけば安心です。

・お宮参りの後はお祝いの食事会をする場合もある

出典:photoAC

お宮参りの後は、お祝いを兼ねてお食事会や写真撮影に行く家族も多いようです。小さな赤ちゃん連れだとお店選びも大変なので、お店も事前予約しておくといいでしょう。

出典:photoAC

記念撮影をする場合は、お宮参りに行く前に写真館で撮影を済ませておけばスムーズに食事会へ移動できますよ。

■里帰りの場合、お宮参りはいつする?

出典:photoAC

出産するにあたり「里帰り出産」を選ぶ人も多いですよね。そこで気になるのが、里帰り中のお宮参りはいつまでに行けばいいのかということです。お宮参りに行く目安の日の項目でも紹介したように、生後1カ月がお宮参りの日と言われています。
里帰り中であれば、実家の地域にある氏神様にお参りしてもいいでしょう。正式なお宮参りでは、「父方の両親が参加する」と言われていますが、里帰り中は「母方の両親といっしょにお宮参り」という方法を取る方が多いようです。

■暑い夏や寒い冬の場合はいつお宮参りに行く?

赤ちゃんの初めてのお出かけになるお宮参り。暑すぎる場合や寒すぎる場合は、「どう対処すればいいの?」「いつ行ったらいいの?」とお悩みの方もいるかもしれませんね。
ここでは、季節が厳しい場合や時期をずらす場合の対処法なども見ていきましょう。

・季節が厳しい時期のお宮参りはどうする?

出典:photoAC

生後1カ月が目安にはなっていますが、赤ちゃんの健康と健やかな成長を祝う行事なので、赤ちゃんの体調を優先して、季節の良い時期にするのもひとつの方法です。
夏生まれや冬生まれの赤ちゃんの場合は、気候の安定している春や秋に変更してもいいでしょう。

・生後1カ月じゃなくても問題ない!お宮参りをずらす場合の注意点 

【両親や義両親に相談しておく】
しきたりを大切にする世代ということもあり、「生後1カ月にお宮参りする」ということを希望される場合もあるでしょう。時期をずらすことが決まったら早い段階で相談し、了承を得ておくと安心です。

【ベビードレスなどの服のサイズを確認】

出典:photoAC

生後1カ月で着せるつもりでベビードレスを用意していた場合、時期がずれたことで「サイズアウトしてしまっていた…」ということもあるようです。
そのため、事前に着せてみてサイズの確認をしておくことをおすすめします。

【記念写真は生後1カ月のときに前撮りにする】
生後1カ月の写真を残したいのであれば、記念写真は前撮りしておくのもおすすめ。この時期の赤ちゃんはとても成長が早いので、少し時期がずれてしまうだけで、随分表情が変わってしまうもの。生後1カ月だからこその初々しさを記念に残しておきましょう。

■お宮参りは臨機応変に対応して♡

出典:photoAC

赤ちゃんの誕生を祝い、神様にも感謝を伝える大切な儀式であるお宮参り。
神聖な儀式だからこそ「生後1カ月にしておかなきゃ!」と考えてしまいますが、大切なのは赤ちゃんとママの体調です。
しきたりにとらわれ過ぎず、無理のない範囲で臨機応変に対応して、家族みんなが万全な状態でお祝いできると良いですね。

mimi

美容師資格を持つ元ヘアカラーリスト・アイリストの2男児子育て中のママです♪
アクセサリーメーカーに務めたこともあり、アクセ企画・制作・バイヤーの経験もあり◎
旅・アート・音楽も大好きです♡
【Instagram】zonemiho

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!