出典:photoAC

Baby&Kids

産後の過ごし方徹底解説~退院前から産後5週まで~回復を早めやすい方法も

妊娠出産を経て、赤ちゃんとの生活が始まるのは幸せなこと。しかし「産後はどのように過ごせばいいの?」と、疑問に思う人も多いでしょう。
そこで今回は、産後の「産褥期」と呼ばれる時期の、具体的な過ごし方をまとめてみました。入院中や退院後、パパや祖父祖母などのサポートも含めてご紹介します。

また、ママの体のケアを高める方法や、家事の負担を軽減するサービスについても解説します。産後は、ママも体をしっかり休めて、赤ちゃんとゆっくり過ごしたいですね。

 

■産褥期って具体的にいつ頃のこと?何が重要?

出典:photoAC

ここでは、産褥期と呼ばれる時期についてまとめました。


 
 

・産後から6週間~8週間までくらいの期間のこと


 
 

産褥期とは、出産後6週間~8週間ほどの期間のことを指します。妊娠出産で大きく変化した母体が、妊娠前の状態に回復する大切な期間です。


 
 

・母体を休めることが重要


 
 

この期間には、妊娠出産によりダメージを受けた母体を休め、回復させることが重要です。産後は体に痛みを感じたり、出血が続いたり骨盤が緩んでいたりと、ママの体には大きな変化が。産褥期のリスクとして、大量の出血など体調が急変することもあるようです。産後は階段よりもエレベーターを使ったり、産褥体操をしたりして、なるべく体に無理をかけないように過ごすことが大切なのです。

■産後~退院までの大体のスケジュールは?

アメリカでは産後2~3日で退院することもあるようです。海外に比べ長いといわれる日本の場合は、産後に大体どのくらい入院するものなのか、スケジュールをご紹介します。


 
 

・自然分娩の場合は、入院期間が4~5日

出典:photoAC

自然分娩の場合は、入院期間は4~5日と設定されているようです。産院によって入院期間が違ったり、産後の様子に応じて入院期間がのびたりすることもありますが、基本的には4~5日と考えておきましょう。
ママは、出産翌日より赤ちゃんのお世話を指導してもらいながら、休めるときに休むことが大切です。

・帝王切開の場合は、入院期間が7~8日

出典:photoAC

帝王切開の場合は、自然分娩のときより1~2日ほど入院期間が長くなります。ママは、術後2~3日後から赤ちゃんのお世話の指導が始まるようです。いずれの場合も、休めるときにしっかり体を休めることが大切ですよ。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]