Baby&Kids

小さなケンカも経験のひとつ。口出しせず心をかけてあげよう

vol.1083【1日1成長お母さん】自分で乗り越える強さを身につけるにはケンカは大切な経験

子ども同士が関わる時間が増えると大小さまざまな問題が起こるもの

子どもが公園で遊んだり幼稚園に通い始めたりすると、友だちと関わることを好むようになってきます。
友だち同士で楽しく遊べるのはうれしい反面、ケンカやトラブルが増えてくるもの。すぐに手が出る子、感情を爆発させる子、我慢する子と表現は様々ですが、子ども同士関わるともめ事は避けて通れません。
繊細な子どもは小さなことでも傷つきやすく泣いてしまうこともあるでしょう。それを見ているお母さんはどう対応していいか困ってしまうかもしれませんね。

泣いて帰ってきたらギュっと抱きしめてあげるだけで乗り越えられる

3歳のKちゃんがある日お母さんと公園に出かけた時のこと。1人で遊ぶKちゃんを少し離れた場所からお母さんが見守っていました。子どもがたくさん並んでいる滑り台に走って近寄り並ぼうとしたところ、前に並んでいた男の子に少し押され泣き出してしまいました。
その様子を見ていたお母さんは「何があったの?」「何か言われたの?」と聞きたくなりましたが言葉を飲み込み、泣きながら戻ってきたKちゃんをギュっと抱きしめました。

子ども同士のもめ事は口出しせず見守ってあげることが自立につながる

子どもが泣いて帰ってくると子ども以上にお母さんの心は痛みます。何があったのか気になりますが、子ども同士のトラブルは口出し無用です。
問題が深刻な場合やお友だちをケガさせてしまうような場合は大人が解決する必要がありますが、些細な問題は見守ってあげましょう。
子育てのゴールは子どもを自立させること。社会に出た子どもをお母さんがずっと守ってあげることはできません。自分で解決するチャンスと捉えて見守りましょう。

お母さんの愛情があれば困難も乗り越えられる。心をかけてあげましょう

子どもがトラブルに見舞われても、そこから立ち直るための心の強さはお母さんの愛情で育まれます。「何か辛いことがあればお母さんが守ってあげるね」と言うだけでお母さんの愛情は子どもにしっかり伝わります。
子ども同士の多少のトラブルはお母さんが思っているほど根は深くないことがあります。子どもを思うあまり過度の手出し口出しは逆効果。子どもの強さを信じ、心をかけてあげるだけでたくましく成長していけるはずです。

今日の1日1成長

子ども同士の関わりにトラブルはつきもの。口出しせず見守りましょう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
吉田あき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!