Baby&Kids

兄弟けんかで成長する夏休みを。まずは子どもの思いを受け止めて

vol.1091【1日1成長お母さん】兄弟けんかは気持ちを言葉にする練習の場。解決の仕方も学ぼう

夏休み中の兄弟けんかにイライラしたら、安易に仲裁せずに見守るのもひとつ

子どもたちとっては待ちに待った夏休み。でもお母さんたちには大変な日々の始まりですね。
暑さのせいでイライラし怒りっぽくなりがちな所へ、普段と違う、子どもたちがずっといる生活にストレスを感じます。子どもも学校に行かずに家にいると兄弟で関わる時間がぐっと増え、夏休みはいつもより兄弟けんかも増えてしまうものです。
無理にけんかを止めさせようと関わっていては本当の解決から遠ざかるばかり。子どもの気持ちの整理ができると解決への道も早まるでしょう。

大人には理解不能な兄弟けんか。原因が些細なことでも本人は真剣です

A君とお兄ちゃんは仲良し兄弟です。でも夏休みはとにかく、けんかばかり。びっくりするほど些細な事で毎日けんかになるのです。
この日もA君の大きな泣き声が響きます。「お母さん、お兄ちゃんが叩いた!」とA君。「A君が先に足を蹴ったからだよ」とお兄ちゃんも主張します。二人の言い合いが日々続くと「やめなさい!もう、静かにして」と言いたくなってしまいますが、こんな時こそお互いの言い分をしっかりと聞いてあげましょう。

子どもはお母さんに仲裁を求めていない!ただ話しを聞いてほしいだけ

「お兄ちゃんが叩いた」には「お兄ちゃんが叩いたのね」と子どもが言った言葉をオウム返ししてみましょう。
「うん、ぼくは悪くないのに叩いた」と言えば「悪くないのに叩いたのね」と言う具合に何回か繰り返します。言葉を繰り返されることで自分の言った言葉を確認でき、気持ちの整理がつきます。
お母さんに聞いてもらい分かってもらえると気持ちがスッキリして落ち着くでしょう。そして、お兄ちゃんの言い分もちゃんと聞いてあげましょう。

けんかの解決策は「どうしたらいいかな?」で子どもたちにも考えさせよう

兄弟けんかは自分の意見や思いを自由に言える体験の場です。幼い子どもにとっては自分の気持ちや状況を言葉で表現できることも大切なこと。
そしてどんなに激しくけんかしても尾を引かない兄弟けんかは夏休みのストレス発散でもあり、お友だち相手ではなかなかできない貴重な体験です。話を聴いて気持ちを受けとめた後は「どうしたらいいかな?」と質問して子ども同士で解決できるようフォローしましょう。
けんかの経験を積みながら、だんだん自分たちだけで意見交換をし解決できるようになります。夏休みに一段と成長する姿を見守りましょう。

今日の1日1成長

兄弟けんかを落ち着かせるのに有効。オウム返しで子どもの思いを聞き出そう
子どもの表現力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
わたなべみゆき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!