Baby&Kids

チャイルドシートのおもちゃで運転中も楽しく遊ばせよう!

チャイルドシートに乗りたがらない子どもって多いですよね!ベルトで固定されて自由に動けない、運転中はママやパパに構ってもらえなくて退屈…など子どもによって理由はさまざまです。
特に運転中ずっと泣かれてしまうと赤ちゃんも可哀想ですし、親にとっても精神的に疲れますよね。運転中、家族みんなが笑顔に過ごせるチャイルドシートのおもちゃを紹介します。

知らないと損!チャイルドシートにおもちゃを置いておくと、運転中も快適に過ごせるんです。

■メリットたくさん!チャイルドシートにおもちゃを付けよう!

チャイルドシートで赤ちゃんが快適に過ごせるコツを紹介します。

・チャイルドシートを嫌がらなくなる

出典:photoAC

チャイルドシートに乗ったらお気に入りのおもちゃで遊べるということがわかってくるので、嫌がらずに乗ってくれるようになります。コツは家の中にはなるべく持って入らないことです。車の中だけで遊べる特別感を与えましょう。

・ぐずりやすい長時間ドライブも飽きずに遊んでくれる

出典:photoAC

1〜2歳ぐらいになると外の景色を楽しめるようになりますが、月齢が低い赤ちゃんには難しいときも。赤ちゃんの興味を引くおもちゃを用意してあげると、おもちゃに集中してくれますよ。

■チャイルドシートのおもちゃの選び方は?

出典:photoAC

チャイルドシートのおもちゃは年齢に合わせるのがおすすめです。それぞれの年齢に合う選び方のポイントを見ていきましょう。

・【0歳~】カラフル&素材にこだわろう!


低月齢期の赤ちゃんは、視力が未発達ということもあり、大きくてカラフルな見た目のチャイルドシートのおもちゃがおすすめです。何でも口に入れてしまう時期でもあるので、安心な素材のものを選びましょう。

・【1歳~】多機能タイプで興味を引こう!


まだ外の景色を楽しむことは難しいもの。ボタンを押すと音が出るような、多機能タイプのチャイルドシートおもちゃで興味を引くのがおすすめですよ。

・【2歳~】集中して遊べるタイプもOK!


2歳を過ぎると、車自体に興味も持ちますし、集中力もアップしてきます。そのため、運転手気分が味わえるハンドル型や知育タイプのおもちゃがおすすめです。

■低月齢期の赤ちゃんにおすすめのチャイルドシートおもちゃ

0歳児でも楽しめる!チャイルドシートで遊べる、吊るすタイプから眺めるタイプのおすすめおもちゃを紹介していきます。

・【タカラトミー】Dear Little Handsふんわりミニメリーくまのプーさん

出典:筆者撮影

「Amazon(アマゾン)」の口コミでも高評価な『TAKARATOMY(タカラトミー)』の「Dear Little Handsふんわりミニメリーくまのプーさん」2,178円(税込)です。ディズニーの人気キャラクターであるプーさん♡おもちゃをどこに付けるか迷う必要がない丈夫なクリップ付き!
チャイルドシートだけでなく、車内に簡単に取り付け可能。チャイルドシートのサンシェード部分に吊るすのもおすすめですよ!運転中にゆらゆら揺れてくれるので、自然と赤ちゃんの興味を引きます。
プーさんが取り外しできるので、掴んで遊ばせることも♡バウンザー、ベビーカーなどにも付けられて、付け方は無限大です。布製品なので赤ちゃんが舐めても安心、汚れがついても手洗いできます。
Amazonの口コミでは手洗いモードで丸ごとネットに入れて洗う人も!色落ち、型崩れも問題なしだったそうです。

・【サッシ―】おひさまミラー

出典:筆者撮影

おしゃれな『Sassy®(サッシ―)』の「おひさまミラー」2,200円(税込)。
赤ちゃんは鏡が大好きですよね!めくると中身が鏡になっているんです。自分の顔に興味津々になる赤ちゃんをイメージするとかわいいです♡にこにこスマイルの太陽がとってもキュートでお鼻を押すと、ピカピカほっぺたが光りますよ。

・【バンダイ】しかけい~っぱい!布えほん

出典:筆者撮影

こちらは『BANDAI(バンダイ)』のアンパンマン 「しかけい~っぱい!布えほん」3,520円(税込)です。子どもたちから大人気のアンパンマンの布絵本は0歳〜2歳ごろまで長く使えます。
ねんね期は絵本をひろげて壁などに立てかけて置き、成長したら絵本として大活躍!しかけのひもを引っ張ったり手遊びにも使えます。軽くて持ち運びしやすいのでチャイルドシートのおもちゃにおすすめです。

■赤ちゃんを退屈させない手遊びできるおもちゃ

ここでは、手遊びができるチャイルドシートのおもちゃを紹介します♡

・【オーボール】オーボールベーシック

出典:筆者撮影

こちらは大人気の『Oball™(オーボール)』の「オーボールベーシック」800円(税抜)。
赤ちゃんでも掴みやすく、色鮮やかでカラーバリエーションも豊富なんです。おもちゃストラップに付けると落ちないのでチャイルドシートでも大活躍!!

・【ピノチオ】アンパンマン おでかけメロディハンドル

出典:筆者撮影

どうしても子どもがチャイルドシートに乗りたがらないときってありますよね…。そんなときに活躍するのが『PINOCCHIO®(ピノチオ)』の「アンパンマン おでかけメロディハンドル」3,300円(税抜)のおもちゃ。
特に乗り物好きな男の子にぴったり!子どもが自分で運転しているかのような気分になれます。音が出たり、子どもが飽きないような工夫がされているのでとても便利。

・【セガトイズ】にほんご えいご 二語文も!アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX

出典:筆者撮影

こちらは『SEGA®Toys(セガトイズ)』の「にほんご えいご 二語文も!アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX」9,800円(税抜)。言葉を増やしたい1歳過ぎ頃から使えます。
子どもはペンが大好き♡ペンでタッチするとアンパンマンたちがいろいろなものの名前を教えてくれます。のりもの、たべもの、いえのなか、どうぶつなどページ数も充実!
赤ちゃんの知りたいという好奇心を満たしてくれますよ。本のように折りたたみできて、チャイルドシートだけでなく、外出先でも遊べます!!

■お気に入りのおもちゃを付けられるストラップ

ここでは、便利なストラップタイプのチャイルドシートおもちゃを紹介します。

・【ブライトスターツ】ロッツオブリンクス

出典:@shiidamuさん

子どもはすぐものを落としてしまいますよね。『bright starts®(ブライトスターツ)」の「Lots of Links™(ロッツオブリンクス)」は、好きな長さにつなげお気に入りのぬいぐるみやおもちゃを付けることができます。
先ほど紹介したオーボールもロッツオブリンクスを使えば落ちずに安心です。リングが程よく柔らかいので、付け方も簡単。赤ちゃんは手に何か握っていると安心するので、ぬいぐるみを抱きしめながらすやすやと眠ってくれるかもしれません。
何も付けなくても、そのまま歯固めとしても使えるので、歯がむずがゆい時期のお子様にはぴったりですね。100均でもおもちゃストラップが売られていますよ。

■初心者にもおすすめ!チャイルドシートの手作りおもちゃ

赤ちゃんが握って楽しめる♡ぬいぐるみを吊るすタイプのおもちゃを紹介します。

・手作りおもちゃを作るときに用意するもの

1.綿
2.リボンやひも
3.フェルトや端切れ

出典:photoAC

色は赤ちゃんが好きな色鮮やかなカラーを選んであげましょう。

・手作り感がかわいい♡チャイルドシート用おもちゃの作り方

1.初めに好きなカタチにフェルトを切り取り、綿を入れる部分だけ残して縫い合わせます。
2.綿を中につめて、綿が出てこないように残りの部分を縫い合わせます。
3.最後の部分を縫い合わせる前に、ひもをいっしょに縫い付けましょう。

・付け方も簡単

ひもを付けることで車のヘッドレストなどに吊り下げるおもちゃができあがります。簡単なのでぜひ作ってみてくださいね♡

■チャイルドシートのおもちゃを工夫して、快適なドライブ時間を過ごそう!

出典:@____tkii.68_さん

特に月齢の低い時期は、チャイルドシートで泣き続ける赤ちゃんって多いですよね。意思疎通が取れないので親も困り果ててしまうことも。
通販サイトや『西松屋』などでも、チャイルドシートに使えるおもちゃを売っているので、ぜひ赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを見付けてあげましょう。

※この記事で紹介している商品は、現在店頭にない場合がございます。

mimi

美容師資格を持つ元ヘアカラーリスト・アイリストの2男児子育て中のママです♪
アクセサリーメーカーに務めたこともあり、アクセ企画・制作・バイヤーの経験もあり◎
旅・アート・音楽も大好きです♡
【Instagram】zonemiho

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]