Baby&Kids

チャイルドシートのおもちゃで運転中も楽しく遊ばせよう!

チャイルドシートに乗りたがらない子どもって多いですよね!ベルトで固定されて自由に動けない、運転中はママやパパに構ってもらえなくて退屈…など子どもによって理由はさまざまです。
特に運転中ずっと泣かれてしまうと赤ちゃんも可哀想ですし、親にとっても精神的に疲れますよね。運転中、家族みんなが笑顔に過ごせるチャイルドシートのおもちゃを紹介します。

知らないと損!チャイルドシートにおもちゃを置いておくと、運転中も快適に過ごせるんです。

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



■メリットたくさん!チャイルドシートにおもちゃを付けよう!

チャイルドシートで赤ちゃんが快適に過ごせるコツを紹介します。

・チャイルドシートを嫌がらなくなる

出典:photoAC

チャイルドシートに乗ったらお気に入りのおもちゃで遊べるということがわかってくるので、嫌がらずに乗ってくれるようになります。コツは家の中にはなるべく持って入らないことです。車の中だけで遊べる特別感を与えましょう。

・ぐずりやすい長時間ドライブも飽きずに遊んでくれる

出典:photoAC

1〜2歳ぐらいになると外の景色を楽しめるようになりますが、月齢が低い赤ちゃんには難しいときも。赤ちゃんの興味を引くおもちゃを用意してあげると、おもちゃに集中してくれますよ。

■チャイルドシートのおもちゃの選び方は?

出典:photoAC

チャイルドシートのおもちゃは年齢に合わせるのがおすすめです。それぞれの年齢に合う選び方のポイントを見ていきましょう。

・【0歳~】カラフル&素材にこだわろう!


低月齢期の赤ちゃんは、視力が未発達ということもあり、大きくてカラフルな見た目のチャイルドシートのおもちゃがおすすめです。何でも口に入れてしまう時期でもあるので、安心な素材のものを選びましょう。

・【1歳~】多機能タイプで興味を引こう!


まだ外の景色を楽しむことは難しいもの。ボタンを押すと音が出るような、多機能タイプのチャイルドシートおもちゃで興味を引くのがおすすめですよ。

・【2歳~】集中して遊べるタイプもOK!


2歳を過ぎると、車自体に興味も持ちますし、集中力もアップしてきます。そのため、運転手気分が味わえるハンドル型や知育タイプのおもちゃがおすすめです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE