出典:@ omatsu.houseさん

Baby&Kids

ベビーベッドは折りたたみできると便利!おすすめ商品5選

赤ちゃんに必要なベビーベッド。どんなベビーベッドにしようかと悩んでいませんか?ベビーベッド選びを始めると、使い勝手や選ぶ際に気をつけたいポイントも知りたいところです。
今回は折りたたみできるベビーベッドに注目!ベビーベッドの選び方と、おすすめ商品を5つご紹介します。

ベビーベッドを選ぶ際にはデメリットも知っておきたいところ。デメリットとそれを解決する方法、そしてベビーベッドの選び方をご紹介し、おすすめ商品へと進んでいきますね。

◆まず確認!ベビーベッドは必要なの?

出典:photoAC

そもそも、赤ちゃんが生まれたらベビーベッドは必要なのでしょうか?ベビーベッドの導入を検討している方は、ベビーベッドのデメリットも知っておきましょう。
・ベビーベッドのデメリットとは?
ベビーベッドのデメリット、それはやはり場所を取るという点です。ベビーベッドのサイズはスタンダードなモノで120cm×70cm。気軽に購入する前に、置き場所や収納スペースを確保してから購入しないといけませんね。
けれど、この問題を解決してくれるのが折りたためるベビーベッドです。
使わないときや2人目出産まで収納しておきたいという場合も、折りたためると便利ですよ。

・中古やレンタルで済ませるのもアリ♡


一時期しか使わない、という点もベビーベッドのデメリットと感じる方もいるようです。このデメリットをクリアしてくれるのが中古やレンタルという方法。
“一時期しか使わないので中古で安いベビーベッドを購入した”という口コミや、“収納スペースがないので必要な時期だけ手近なレンタルで済ませた”という先輩ママの口コミも♡

■折りたたみベビーベッドを選ぶ際のポイント

続いては、今回注目している折りたたみベビーベッドを選ぶ際のポイントを紹介します。

出典:photoAC

・安全第一!PSCマークはついている?


ベビーベッドは赤ちゃんの安全を第一に選んであげたいですね。まず選ぶ際に大切なポイントとして、“PSCマーク”。
PSCマークとは、国で定められた安全基準をクリアしたベビーベッドに表示されるマークです。
このPSCマークがついているか、大切なチェックポイントです。

・サイズはどうしたらよいの?


ベビーベッドを選ぶ際の大きなポイントなるのがサイズではないでしょうか。
一般的には120cm×70cmがスタンダードサイズ、90cm×60cmがコンパクトサイズのようです。部屋の大きさを考慮して選びたいですが、何歳までベビーベッドを使うかによってもサイズ選びが変わってきます。
例えば国産のベビーベッドなら2歳ごろまで使えるようですが、コンパクトサイズだと寝返りなどは窮屈に。
どれくらいの時期までベビーベッドを使うか、部屋の大きさだけでなくこの点にも気をつけてサイズを選ぶとよいですよ。

・折りたたみやすさも要チェック!


折りたたみベッドを選ぶなら折りたたみやすさもチェックポイントとなります。折りたたみができるベッドであっても、折りたたむ工程が複雑だと結局折りたたむのが面倒なことに。
折りたたみが簡単かどうかもチェックしましょう。

・キャスターの有無もチェックしよう!


キャスターがついているとより便利にベビーベッドを使うことができます。同じ室内でも日中と夜ではベッドの位置を変えたい、掃除のときに移動させたい、そう考えているならキャスターの有無も確認しましょう。

■折りたたみベビーベッドのおすすめブランド5選

それでは、折りたたみベビーベッドのおすすめブランドを紹介しますね♡

・身近なブランド♡ニトリの折りたたみベビーベッド


購入しやすく、値段も手頃なことから身近に感じる『ニトリ』。このニトリにも折りたたみベビーベッドがあります。
「ベビーベッド(PATTAN)」20,278円(税抜)はナチュラルとライトブラウンの2色。3段階に床板を調整できるので赤ちゃんの成長に合わせて使いわけることができます。ベッド下段には収納棚、4輪キャスターもついていてママも使いやすい折りたたみベビーベッドです♡

・子ども用の家具がそろうブランドyamatoya

出典:アカチャンホンポはベビーベッドも充実!選ぶときのポイントは? @ a.s_190511さん

『yamatoya(ヤマトヤ)』はこども家具の開発製造をする『大和屋(やまとや)』のブランドです。
ベビーチェアやベビーベッド、ミニデスクなど、赤ちゃんが生まれたら必要となる家具を展開しています。
Yamatoyaの折りたたみベビーベッドは「パタン折りたたみミニベビーベッド」19,750円(税抜)。床板が90cm×60cmと商品名のとおりミニサイズなので、限られたスペースでベビーベッドを使用したい方におすすめです。床板はすのこ使用なので通気性よし!

・ベビーカーだけじゃない♡アップリカにも

出典:@ omatsu.houseさん

ベビーカーやチャイルドシートで有名な『Aprica(アップリカ)』。赤ちゃん医学と育児工学を生かして育児用品を作っているブランドです。
Apricaのベビー用品はベビーカーやチャイルドシートだけでなく、抱っこひもやベビーベッドもあります。
ベビーベッドでは「ココネルエアー」26,000円(税抜)が折りたたみ可能なベビーベッドです。
マットは通気性がよく体圧分散もできるので、長時間眠る赤ちゃんへの体の負担を軽減してくれます。

出典:@ omatsu.houseさん

折りたたむとこんなにコンパクトに。車のトランクにもすっきりと収まるので収納だけでなく移動にも問題なし♡
帰省先でも同じベッドを使えるのはママも安心ですよね。

・楽しいベビーグッズを♡カトージ

出典:ベビーベッドを持ち運びたいならこれ☆おすすめ7選 @ satoto.310さん

“楽しいベビーグッズを。”がコンセプトの『KATOJI(カトージ)』。カトージの商品を通じて、パパとママに子育てを楽しんで欲しいという思いがコンセプトに込められています。
赤ちゃんを迎える準備をしていると、カトージの商品を目にする機会は幾度となくありますよね。
写真の折りたたみベッドは「ポータブルベビーベッド」。コンパクトサイズでキャスターもついているので、リビングから寝室など部屋の移動も簡単! 折りたたむと収納袋に納まり、収納袋に入れてもキャスターは出ているので持ち上げて運ぶ必要もありません。

・サッと広げてコンパクト♡ファルスカ

出典:ベビーベッドを持ち運びたいならこれ☆おすすめ7選 @ emi_to703さん

日本の暮らしに合った育児用品を提案してくれるブランド『farska(ファルスカ)』。
ファルスカはスウェーデンの言葉で“新しい・新鮮”という意味です。日本と北欧を融合したシンプルで実用的、そしておしゃれなデザインが人気のブランドですよ。
ファルスカの中でも人気なのが「コンパクトベッド」シリーズ15,984円(税込)~31,104円(税込)。
このシリーズは折りたたんで持ち運べるという点が人気です。リビングでのお昼寝もお出かけ先でも、サッと広げていつも同じベッドで眠れる安心感があります。

■使わないときはすっきりと♡折りたたみベビーベッドはおすすめ

使わないときにすっきりと折りたためるベビーベッドは、大きな家具は邪魔になる…と考えているママにもおすすめです。
今回ご紹介したベビーベッドは簡単に折りたためるものばかり。「赤ちゃん本舗」や「西松屋」で購入できる商品もあるので、折りたたみタイプを検討している方はぜひ参考にしてくださいね♡

しろ

雑貨屋勤務の経験もある雑貨好き♡時間を見つけてはインスタでおしゃれなインテリアを見るのが楽しい時間。子ども3人に振り回されながらも、快適に暮らせるようアンテナをはって情報収集しています。
【Instagram】_shiro9
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]