Baby&Kids

1歳の誕生日はケーキでお祝い!赤ちゃんが喜ぶ手作りレシピ紹介

ママやパパにとって赤ちゃんの1歳の誕生日は特別な日ですよね。そんなスペシャルな日には、赤ちゃんも食べられるケーキでお祝いしましょう。「ちょっと待って!赤ちゃんが食べられるケーキってあるの?」と疑問に思ったママパパ!
離乳食真っ最中の1歳の赤ちゃんでも楽しめるケーキは、簡単に用意できるんです。今回は、1歳の誕生日を華やかに彩る誕生日ケーキの作り方をご紹介します。

1歳の誕生日前にしっかり予習しておきましょう!

■1歳の誕生日ケーキは手作り?買う?

出典:photoAC

1歳の誕生日を迎える頃の赤ちゃんは、離乳食完了期。1日3回の食事リズムが整ってきて、食事から栄養の大半を取るようになります。かといって、まだまだ食べられるものは限られているので、大人が食べるような生クリームケーキはNG。
しかし、1歳の誕生日は特別ですよね。元気に1歳を迎えた赤ちゃんを家族みんなでお祝いしたい、ケーキを食べさせてあげたい。と思うママパパはきっと多いはず。そこで気になるのが、赤ちゃんの誕生日ケーキは手作りできるのか、市販でも買えるのかというところ。結論から言うと、どちらも可能です!1歳の誕生日ケーキは赤ちゃんが食べられる食材を使ったり、市販のアイテムを活用したりすれば、誰でも簡単に用意できちゃいます♡手作りが苦手なママをお助けしてくれるグッズもありますよ。気になる方法をたっぷり紹介しますね。

まずは1歳の誕生日ケーキを手作りする上で、注意してほしいポイントをチェックしておきましょう。

■【アレルギーに注意】1歳の誕生日ケーキを作る際の注意点1

一般的なケーキの材料を見ると、アレルギーを起こしやすい食材が多く含まれています。注意するべき食材を確認してみましょう。

・スポンジ作りに使われる卵は、与えすぎに注意!

出典:photoAC

3大アレルゲンの中でアレルギーを起こしやすいといわれている卵。アレルギーがなければ1歳頃には、いろいろな料理に活用できるようになります。しかし、1歳頃の赤ちゃんに与える量としては、1回あたり全卵1/2または2/3程度までが目安。与えすぎには注意しましょう。

・小麦粉は意外な食品に使われていることも!内容表示は要チェック

出典:photoAC

1歳頃になると、うどんや食パン以外に、ホットケーキやパスタ、ロールパンなどを食べられるようになります。注意してほしいのが、カレーやシチューのルウなど一目で小麦粉が使われているか分からないものを気づかずに食べさせてしまうこと。初めての食材を赤ちゃんに与える際は、必ず内容表示を確認するようにしましょう。

・乳がつくもの全てが乳製品とは限らない!

出典:photoAC

乳製品で赤ちゃんに与えられる主な食材は、ヨーグルト・牛乳・カッテージチーズ。1歳頃になれば、牛乳を調理に使う以外にも飲み物として使うこともできます。乳製品アレルギーがあるお子さんは、代替えとして豆乳を使うといいでしょう。ちなみに乳酸カルシウムや乳酸菌は牛乳由来のものではないので、除去しなくても大丈夫です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]