出典: @ busuopapa0605さん

Baby&Kids

グレコのジュニアシートがお得でおすすめ!1歳から11歳まで使える☆

『GRACO(グレコ)』は、アメリカNo.1の育児ブランドです。60年以上もの間、多くのママから愛用されてきたから口コミでも高評価。車の部品の設計や製造をする金属製品としてのバッググラウンドを利用して、「育児をもっと楽に」をモットーとした商品を数多く開発。日本では、ベビーカーやチャイルドシートなどの大型商品を中心に販売されています。

今回はそんなグレコの商品の中からジュニアシートをピックアップ。ジュニアシートの役割や、おすすめのグレコ商品とその特徴などを紹介していきます。

■ジュニアシートは6歳まで使う!チャイルシートとの違いを教えて

出典:筆者撮影

ジュニアシートという言葉に耳馴染みがない人は、チャイルシートとどんな違いがあるの?と思いますよね。ジュニアシートは、チャイルシート同様、車の座席に装着し、安全を補助するも道具です。メーカによって異なることもありますが、グレコを初め、多くのジュニアシートは、目安として11歳ごろまで使えるような仕様になっています。

出典: @ mickey_house0110さん

チャイルドシートは、リクライニングの角度や肩ハーネスを調整することで、新生児から3〜4歳ごろまで使える仕様になっているようです。そのため、首がすわっていない赤ちゃんにも安心して使えるのが特徴です。しかし、現在の道路交通法では、6歳未満の幼児を乗せた運転には、チャイルドシートの使用が義務となっています。そのため、4歳以降も使えるチャイルドシートが必要となってくるんです。
 

・ジュニアシートは万が一のときに子どもの命を守ってくれる

出典:1歳でチャイルドシートは買い替えるべき?選ぶポイントやおすすめを紹介

法律で幼児用補助装置の使用は6歳までと決められていますが、自動車のシートベルトを正しく装着できるのは、身長が140cmからと言われています。また、ジュニアシートを使わない場合と、使う場合と比べて、交通事故時の致死率が11倍になるという、ショッキングな結果が出ています。ジュニアシートを装着することで、大切な我が子を守ってあげられる確率が高くなりますね。
 

・使わないと幼児用補助装置使用義務違反になる

出典:photoAC

道路交通法第71条では、6歳未満の幼児を車に乗せるときに、発育の程度に応じた幼児用補助装置を使わなかったら、交通違反となります。違反をした場合、違反点数1点となります。子どもの安全のためにもルールを守って使用しましょう。

・購入するならチャイルドシートとジュニアシートが兼用になっているものがお得

ジュニアシートが大切なのは分かるけど、チャイルドシートもジュニアシートも両方買うのは大変!という人には、兼用になっている商品がお得に使えます。兼用タイプは、1歳頃から使用することができるそうですよ。

■【グレコ】ジュニアシートはどんな種類がある?使い始めの年齢に注目

出典:筆者撮影

グレコのジュニアシートは、どのような種類があるのかチェックしてみましょう。

・1歳から使えるジュニアシート

これからチャイルドシートを検討する人におすすめなのが、1歳頃からタイプ。チャイルドとジュニアシートが兼用になっているので、1歳から11歳までと長期間使用することができます。

・3歳から使えるジュニアシート

チャイルドシートをすでに持っているという人におすすめなのが、3歳から使えるタイプです。種類やデザインが豊富です。

■【グレコのジュニアシート】1歳から使える商品をチェック

出典:shutterstock ※写真はイメージです

1歳から使えるグレコのチャイルドシート兼ジュニアシートは、現在2型あり、全部で5種類のデザインが販売されています。

・エアポップ

「Air Pop(エアポップ)」は、シート全体にエアーホールと呼ばれる大きめのメッシュが施されています。通気性が良いので、背中やお尻のムレを軽減。汗をたくさんかく子どもでも、長時間快適に座ることができますよ。
5段階の高さに調節可能なヘッドレストや、首、肩、腰を支えるサポートクッションが備わっています。子どもの成長合わせて、チャイルドシートモード、ジュニアシートモード、ブースターシートモードの3段階に調整することができます。
価格:15,950円(税込)
 

・ジーロック

出典:shutterstock ※写真はイメージです

「G-LOCK(ジーロック)」は、ISOFIXを採用しています。ISOFIXは、安全を考えたチャイルドシートやジュニアシートの付け方で、スライドしながら車の固定金具に連結させます。
ジーロックの特徴は、リクライニングができること。赤ちゃんが眠ってしまったら、リクライニングを倒して楽な姿勢へポジションチェンジ。三段階で調節することができますよ。
価格:29,700円(税込)

・ライトフィットエアー

「LightFitAir(ライトフィットエアー)」は、西松屋限定のモデルです。仕様はエアポップと同じですが、白と黒を基調とした色使いがかっこいい!どんな車とも合うデザインです。
価格:オープン価格

■【グレコのジュニアシート】3歳から使える商品をチェック

出典: @ busuopapa0605さん

3歳から11歳まで使えるタイプは、デザインが豊富。自分の好き嫌いがはっきりしてくると年頃だから、いっしょに好きなものを選んでも良いですね。

・ジュニアプラスシリーズ

出典: @yayoy1213さん

<Junior Plus(ジュニアプラス)>
3歳頃から11歳頃まで使用できる「Junior Plus(ジュニアプラス)」は、ISOFIXではありませんが、子どもの体にしっかりフィットするように、成長に合わせてヘッドレストを6段階、アームレストを2段階に調節することができます。
カップホルダーが両端に付いているので、ドリンクやおやつの収納も可能。カバーを取り外して洗えるので、清潔に保つことができますよ。
価格:10,266円(税込)

出典: @yayoy1213さん

グレコのジュニアシートは、ジュニアプラスをベースに、いろんなシリーズが展開しています。ここでは、代表的なものを紹介します。

<Junior Plus DX(ジュニアプラスDX)>
ジュニアプラスをベースに作られています。ジュニアプラスのクッション部分は、ポリエチレン発泡を使っているのに対して、ジュニアプラスDXのクッションは、ウレタンフォームを使用。
座り心地がさらに良くなっているので、長時間のドライブも快適に過ごせますよ。
価格:10,266円(税込)

<Junior Maxi Plus(ジュニアマキシプラス)>

出典: @yayoy1213さん

ディズニーキャラクターがデザインされているタイプ。女の子に人気なプリンセスたちや、男の子に人気なカーズのキャラクターなど、使って楽しいジュニアシートです。
価格:8,171円(税込)

・ロジコL ラリースポーツ

ミッキーマウスのデザインがかわいらしい「ロジコL ラリースポーツ(Logico L Rally Sport))は、ジュニアプラスがベースになっているベビー用品店『Birthday(バースデー)』限定モデルです。ジュニアプラスより座高が25cm高いのが特徴。
価格:オープン価格

・コンパクトジュニアシリーズ

「Compact Junior(コンパクトジュニア)」は、背もたれがないジュニアシートです。背もたれがないので、2kg前後と軽量。持ち運びがしやすいのもメリットです。
価格:3,080円〜3,645円(税込)

■どっちを買うべき?背もたれつきの全身タイプとブースターのみ

出典: @ busuopapa0605さん

グレコのジュニアシートは、背もたれがついた全身タイプと、ブースターのみを選ぶことができます。

・長い期間使うなら全身を守るタイプ

背もたれのあるタイプは、長期間使いたい人におすすめ。子どもの成長に合わせて段階的に調整することができます。体をしっかり支えることができるので、安全性が高いのも特徴です。

・場所を取りたくないならコンパクトタイプ

ブースターシートのみのタイプは、コンパクトで軽いので持ち運びが簡単。装着も背もたれがあるタイプに比べて簡単です。座高を調節することができるので、3歳から使える仕様になっています。

■グレコのジュニアシートは子どもの安全と快適を確保

グレコのジュニアシートは、安全はもちろん、車の中での快適さにも力を入れています。これからジュニアシートも購入を検討している人は、ぜひグレコを選んでみてはどうでしょうか。

AyakoS

海外旅行が大好きで、海外のファッション、コスメ、レシピを調べるのが得意です。将来は海外移住をするのが夢!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!