Baby&Kids

育てにくいと感じる赤ちゃんはこだわりが強い!安心がキーワード

vol.1522【1日1成長お母さん】泣き止まないときは不安の現れ、お腹にいた状態を作ると安心する

赤ちゃんが泣き続けるときは抱っこの仕方やタオルを変えてみるのが効果あり

生まれながら不安を感じやすく、こだわりが強いタイプの子がいます。
赤ちゃんのときはおっぱいを飲みながらも怒ったり眠るときもぐずりながら寝たりすることが多く、不安やこだわりからお気に入りの状態でなければのけぞって泣き叫ぶことも。
お母さんは赤ちゃんがまるで文句を言っているように感じるでしょう。お母さんは赤ちゃんが安心して落ち着ける状態を見つけられると、気持ちにも余裕が持てますね。
安心できる抱かれ方や肌触りの良いタオルなどで落ち着く子もいます。

こだわりが強い理由はお気に入りがいくつもないから。大好きな1つを探そう

赤ちゃんの中には、自分にピッタリとくる心地よさではないことが理由で泣いている子もいるのです。例えば、赤ちゃんのために用意した物も10個あれば9個を嫌がり、気にいる物は1つだけというようなこだわりが見られます。
不安な気持ちも強く、なかなか泣き止みません。「大丈夫よ、安心してね」と声をかけ、お母さんのお腹の中にいたときのような体を丸めた状態にしてあげましょう。
根気強くお気に入りの状態を見つけられるまで、いろいろな方法を試してみましょう。

赤ちゃんが泣くのはお母さんのせいではない。安心できる状態は必ずある

第1子を出産したIさんは、赤ちゃんがなかなか寝てくれず、抱っこから布団に下ろすと大泣き。抱っこひもでも大泣きになり、一日のほとんどを抱っこしている日々が続いたそうです。
抱っこひもで寝てくれたら家事ができるのにと思っていたとき、友だちからスリングを教えてもらいました。
試したところ、赤ちゃんの体は胎内にいた時のような姿勢になり、お母さんの体温も感じることができるせいか安心して寝てくれたのだそうです。

こだわりポイントを1つ見つけ、その状態を続けよう。落ち着きの鍵となる

一番落ち着く状態を見つけられれば、赤ちゃんも穏やかな気持ちになります。心地よい状態が1つ見つかれば、その状態をずっと続けることが赤ちゃんの安心感となります。
見つかるまではお母さんは悩むことも。子どもには、こだわりがあることを認めましょう。
子どもが大きくなり「これ!」と思うものを見つけられたら、こだわりは1つのことを最後までやり抜く芯の強さとなります。スポーツや勉強などで秀でた才能を発揮するので、将来が楽しみですね。

今日の1日1成長

不安を感じやすい赤ちゃんが落ち着く唯一のコレを見つけて安心をあげよう
子どものこだわる力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
きただゆみ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]