Baby&Kids

お稽古中の声かけ「すごい」→「頑張ってるね」でやる気アップ

vol.1525【1日1成長お母さん】褒める子育てはもう古い!令和の子育ては認めて伸ばす

うまくできてもできなくても、お母さんが見ていることを伝えよう

新しい生活様式の一つとしてオンラインの習い事が増えています。保護者にとってのメリットは送迎の手間が省けるだけでなく、子どもがレッスンに取り組む姿をそばで見られること。
お母さんの声かけ次第で、さらにやる気を引き出してあげることができます。気がつけば「すごい」「上手」しか言ってないなと思ったら「頑張ってるね」「最後までできたね」のような言葉で「あなたのことを見てるよ」というメッセージを届けましょう。

やる気アップのために、うちの子専属のアナウンサーになって実況中継しよう

多くの親や先生が何気なく使っている「すごい」「上手」という言葉は、実は“評価”の言葉です。ずっと褒められてきた子は評価ばかりを気にするようになり、失敗することに不安を感じるようになります。
子どものやる気を引き出すためには、良いところも悪いところもありのままを受け入れて安心させる“承認”の言葉がけが有効です。評価せずありのままを実況中継して伝えるだけで「見てくれている」という安心感につながります。

声のかけ方は個性に合わせて変えよう。褒められるのが苦手な子もいます

5歳のHちゃんが通うバレエ教室はオンラインなのでお母さんがそばで見ていられます。Hちゃんは完璧主義なタイプでお手本通り踊るので、先生はいつも「すごい!上手!」と褒めてくれます。
しかし、新しい振り付けになるとHちゃんは拗ねた様子で踊ろうとしません。お母さんは「お手本をよく見ていたね」「頑張ってるね」と声をかけました。
Hちゃんはお母さんが見てくれていることに安心してレッスンを続けることができました。

スキルアップは先生にお任せ。お母さんは子どもの頑張りに目を向けよう

子どものやる気を引き出す言葉がけのポイントは、評価ではなく承認です。お母さんが自分のことを見てくれているという安心感がやる気の源になるのです。
スキルアップに関する細かなアドバイスは習い事の先生にお任せして、お母さんはお子さんの頑張りに目を向けましょう。
うまくいかなかった時も悔しいねと共感してあげるだけで、子どもは安心して次の一歩を踏み出せます。レッスン後は「最後までできたね」のハグも忘れずに!
 

今日の1日1成長

習い事は先生と役割分担。お母さんは「頑張ってるね」でやる気をアシスト
子どものやる気も1成長、お母さんの観察力も1成長。
わたなべゆみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]