Baby&Kids

けんかは優しさの種。経験することで人の気持ちが想像できる

vol.1939【1日1成長お母さん】子どもは辛い・悲しいという経験から優しくできるようになる

けんかは成長過程で重要な経験。子どもの気持ちを受け止めて代弁しよう

子どもから「今日幼稚園でけんかした」という報告を受けると心配になります。でも大丈夫!子どもはけんかを通して心がぐーんと成長していきます。けんか報告を受けたら問い詰めるのではなく「どんな気持ちだった?」と子どもに聞いてみましょう。気持ちをうまく伝えられない場合には「叩かれて痛かったね」「一緒に遊んでくれなくて悲しかったね」と気持ちを代弁してあげましょう。お母さんに気持ちを受け入れてもらえると、子どもは安心できます。
 

優しさは相手の気持ちを想像する力。子どもは体験することで覚えていく

けんかを通して悲しい・辛いなどの様々な気持ちを経験することは、とても大切なことです。子どもは5歳頃になると自分の経験したことをベースに、相手の気持ちを想像できるようになっていきます。その想像力こそ優しさなのです。わが子が辛い思いをしているのを見るのはお母さんも辛いもの。ですが思いやりが育っていると捉えて子どもを見守りましょう。辛い経験をしても、お母さんの愛情を原動力にして力強く成長していけるのです。
 

Recommend

遊んで飾って!音やしかけが楽しい【MOOMIN BABY】の木のおもちゃはギフトにもおすすめ♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]