Baby&Kids

行動できる回数がぐーんとUP!約束は子どもに宣言させよう

「〇〇したらする」は頑張るスイッチ。ONになるまでお母さんは見守って

4歳のKくんは歯磨きが苦手です。お母さんが「歯磨きしよう」と言っても、ブロックのおもちゃで遊んでしまい、なかなか磨こうとしません。そこでお母さんは「じゃあいつ歯を磨く?」と聞きます。本当は歯を磨かないといけないことを知っているKくん。しばらく考えた後に「あと5個ブロックをくっつけたら磨く」と言い、ブロックを組み立てると歯を磨きました。「自分で決めて守れたね」お母さんがそう褒めるとKくんはうれしそうに笑いました。
 

目標達成力が自然と身につく!自分で目標を決めれば努力する子に育つ

子どもが行動できないときは、子ども自身に約束を決めさせましょう。自分で決めたことは責任を持って守ろうとし、行動し始めます。苦手なことを克服するだけでなく、目標を決めて達成する習慣にもなるでしょう。今日は塗り絵を3枚塗りたい、縄跳びを1回多く跳びたいなど、やりたい目標を決めてそれに向かって努力するのも良いですね。自分で決めることで行動力がつき、目標に向かって頑張る姿勢も自然と身についていきます。
 

今日の1日1成長

「やりなさい!」より「いつやるの?」魔法の質問で子どもの行動力をUP
子どもの目標達成力も1成長、お母さんの受容力も1成長
どばしはるな(文)吉田あき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

西松屋の授乳クッションは、機能的でリーズナブル!

Baby&Kids

2023.01.31

西松屋の授乳クッションは、機能的でリーズナブル!

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

Recommend

【医師監修】尿漏れ、骨盤のゆるみetc… 相談しにくい産後の悩みの解決法!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]