出典:photoAC

Baby&Kids

3ヶ月の赤ちゃん、体重の目安は?気になる成長チェックポイントまとめ

出産からひと段落を終え、首がしっかりしてくる生後3ヶ月の赤ちゃん。3時間間隔の授乳で毎日お疲れかとは思いますが、表情が豊かになってきたり、顔の前でおもちゃを動かすと少し目で追ってみたりと、日々の成長に癒されていることでしょう。しかし、楽しいことだけではないのが育児。

子育てにおいてママに悩みはつきものなんです。今回は、生後3ヶ月頃の赤ちゃんの成長についてピックアップしてみようと思います。


 

■生後3ヶ月の成長目安をチェック!

赤ちゃんそれぞれで成長スピードは異なりますが、新米ママは特に気になるもの。まずは、身長・体重・睡眠時間など気になるポイントの目安を見ていきましょう。
 

・生後3ヶ月の身長と体重は?

出典:photoAC

生後3ヶ月頃は、生まれたときの体重の約2倍になると言われています。 厚生労働省が実施している乳幼児身体発育調査での生後3ヶ月の平均身長・体重を見てみましょう。

【男の子】身長57.5~66.1センチ/体重5.12~8.07キロ
【女の子】身長56.0~64.5センチ/体重4.84~7.53キロ

あくまでこの数値は平均です。
「男の子なのに5キロより小さい」「女の子だけど8キロ以上ある…」と数字だけを見て判断しないようにしましょう。大人といっしょで赤ちゃんにも個人差があるので、目安として考えてくださいね。
 

・生後3ヶ月の授乳間隔は?

出典:photoAC

新生児の頃に比べるとだいぶ授乳間隔もあいてきて3~4時間置きの授乳となってきたのではないでしょうか?
この頃の1日の授乳回数は5~6回が目安となっています。中には夜間の授乳がなくなった!という赤ちゃんもいるそう。
 

・生後3ヶ月の睡眠時間はどれくらい?

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は、14時間~15時間程度。
徐々に昼夜が分かりはじめ、まとめて3時間程起きれるようになってきます。
夜にまとめて寝る赤ちゃんもいるようですよ。
睡眠リズムを整えるためにも、夜赤ちゃんを寝かしつける際は、明かりを暗くしたりたくさん話しかけないようにしたりして、ゆっくり休めるよう工夫してあげましょう。

 

・生後3ヶ月の体のつくり

生後3ヶ月になると生まれた頃の原始反射とは違い、自分の意志で手や足を動かせるようになります。
だんだんと首がすわりはじめ、視力も発達してくるため動くものを目で追うように。
この頃の赤ちゃんは笑顔や音で、ママやパパと会話をはじめます。泣き方や身振りで意思を伝えようと頑張っているので、ママやパパは赤ちゃんが何を言いたいのか試行錯誤しながら考えてあげてくださいね。


 

■生後3ヶ月の体重の増え方は?赤ちゃんの成長曲線を見てみよう

出典:筆者撮影

赤ちゃんの体重は、重さより増え方に注目しましょう。
月に1回、体重を測り、母児手帳内にある成長曲線に記入します。成長曲線に沿ってきちんと体重が増えていれば大丈夫です。2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月と増えが横ばいであれば、かかりつけのお医者さんに相談してみてくださいね。


 

■生後3ヶ月で体重が増えない原因は?

体重が増えないとやはり心配になってしまいますよね。その原因とは一体なんなのでしょうか。
 

・母乳やミルクが足りてない?栄養不足かも?

出典:photoAC

体重が増えない原因として一番に思い浮かぶのが栄養不足。そんなとき、しっかり母乳やミルクが足りているかをチェックする方法をご紹介します。

・1日のおしっこの回数が5~6回あるか
・便秘ではないか
・生後2週間で1日15g以上体重が増えているか
・生後1ヶ月で1日25g以上体重が増えているか

上記の4つがクリアできれば、栄養不足とは考えにくいと言われています。
しかし、栄養は足りていてもカロリーが足りていないという可能性もゼロではありません。出はじめの母乳はカロリーが薄く、後から出る母乳はカロリーが高いのです。
母乳を飲むのに疲れてしまってすぐ寝てしまい、ちょこちょこ飲みをしている赤ちゃんは体重が増えないことも。この場合は、少しでもミルクを足して混合にしてあげるなど工夫してみてもいいですね。

 

・よく動く赤ちゃんは太りにくい

出典:photoAC

これは大人といっしょで、よく動く人は太りにくく、体重が増えにくいのです。
また、力いっぱい泣く子もエネルギーをたくさん消費します。
消費エネルギーと摂取エネルギーが同じくらいだと体重の増加も緩やかになりがちです。

・体質だと思って割り切るのも大事

出典:photoAC

パパやママが小柄な体質だったり、食べても太りにくい体質だったりすると、その体質が遺伝して赤ちゃんも太りにくい体質になることが十分に考えられます。
赤ちゃんにも個性や体質があるのだと、神経質にならないことが大切です。


 

■生後3ヶ月で体重が増えすぎの原因は?

出典:photoAC


体重が増えないという悩みを持つママもいれば反対に増えすぎ?という悩みを持つママもいます。この頃の赤ちゃんの体重の増えすぎの原因のほとんどは、母乳やミルクを飲みすぎているからです。
ほかに考えられる理由としては、運動量が少ないので体重だけが増えるということ。今体重が増えすぎていても、成長をして寝返りができたりハイハイをしたりすると、自然と体重の増加が緩やかになることもあります。
また、ママの相談掲示板などで”生後3ヶ月で7キロは増えすぎ?”とよく見かけますが、重さより、出生体重と比べてどれだけ増えているかを意識してみてくださいね。


 

■生後3ヶ月で体重が減った場合は?

出典:photoAC

体重が減るともなると不安になるママも多いはず。体重が減ったといっても100g、200gであれば問題ありません。おしっこをした後、うんちをした後、授乳した後など、赤ちゃんにも少なからず体重の変化はあります。


 

■生後3ヶ月で体重が倍にならないのは大丈夫?

生後3ヶ月の赤ちゃんは出生体重の約2倍になると言われていますが、2倍にならなかったからといって問題があるとは限りません。完全母乳で育てている場合、生後5~6ヶ月で体重が2倍になっていればOKとされており、必ずしも3ヶ月で倍になっていないといけないなんてことはないんですよ。

 

■生後3ヶ月の赤ちゃんの育て方

出典:photoAC

生後3ヶ月の赤ちゃんは、あやすと笑ったり、おもちゃを落とす転がすなどすると目で追ったりと、いっしょに遊ぶ親も楽しみが増えます。たくさんの言葉がけとスキンシップを大切にふれ合ってあげてください。それだけで発達の促進につながることもあるんです。

また、1日の生活リズムを整えてみるのも◎。
朝は好きなだけ寝かせるのではなく、決まった時間にカーテンを開け、光を浴びさせます。
授乳時間もある程度定まっていくとGOOD☆
お散歩の時間やお風呂の時間、寝室に行って寝る時間など、毎日同じ生活リズムを心掛けることで、ママも子育てのペースがつかみやすくなりますよ。


 

■赤ちゃんの体重ばかりを気にしないで!少ない乳児期をたっぷり堪能しよう

出典:photoAC

体重がしっかり増えることが正しい育児ではありません。赤ちゃんが元気なのが一番!
まだまだ、分からないことだらけでネットや育児本に頼ってしまう気持ちも分かりますが、どこを見てもあなたの赤ちゃんの育て方は載っていません。
ネットや本はあくまで参考にする程度で、「毎日ふれ合っている我が子はママが正解」と思う方法で育ててあげてくださいね。

erimu

もうすぐ3歳の男の子のママ。プチプラでかわいい雑貨、洋服、インテリアが好きで集めています。
おいしいものを食べたり、旅行に行ったりするのが趣味♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]