出典:筆者撮影

Baby&Kids

紅茶のカフェイン量って?コーヒーとの比較と体への影響も解説

紅茶に含まれる主な成分は、紅茶の味や色を作るタンニンと中枢神経の刺激や利尿作用のあるカフェインなどです。カフェインは過剰摂取することで人体に悪影響を及ぼす可能性があると耳にしたことがある人もいるのでは?今回は紅茶にはどのくらいのカフェインが含まれているのか、コーヒーとの比較や、妊娠中や授乳に紅茶を飲むのはOKかどうかなど解説していきます。

まず、紅茶とコーヒーに含まれるカフェイン量を比較して見ていきましょう。

■紅茶とコーヒーのカフェイン量はどれくらい?

抽出方法や製品によってばらつきはありますが、100mlあたりに含まれるカフェインの量を紅茶とコーヒーのそれぞれを比較してみてみましょう。

・紅茶のカフェイン量

出典:photoAC

茶葉5gを360mlの熱湯で1.5分から4分浸出した場合、100ml中のカフェインは約30mgの量になります。

・コーヒーのカフェイン量

出典:photoAC

コーヒー粉末10gを150mlの熱湯で浸出した場合、100ml中のカフェインは約60㎎。

紅茶とコーヒーを比較すると、コーヒーの方が紅茶よりも約2倍の量のカフェインが含まれていることが分かります。
コーヒーを1日に何杯も飲む人は、摂取しているカフェイン量を計算しながら意識しておくといいでしょう。

■市販の紅茶のカフェイン量

市販で購入できる紅茶にはさまざまな種類のフレーバーが。それぞれ含まれるカフェインの量を見てみましょう。

・午後の紅茶

出典:筆者撮影

『KIRIN(キリン)』から販売されている「午後の紅茶」シリーズ。「ミルクティー」は、100ml中に約20mg含まれています。「レモンティー」のカフェインは、100ml中に約10mg含まれているそう。「ミルクティー」の方がカフェイン量は多いようです。

・リプトン

出典:筆者撮影

『Lipton(リプトン)』の「レモンティー」は、100ml中に含まれるカフェインが約8mg。「ミルクティー」は、100ml中約12mg含まれているそう。

 

■カフェインが及ぼす体への影響は?

カフェインを適量に摂取することにより眠気を覚まし、頭が冴える効果に期待ができます。その他、利尿作用や交感神経を刺激することで体脂肪の燃焼を促進させるメリットも。その一方で、カフェインを摂りすぎるとめまい、心拍数の増加、不安、不眠などの急性作用をもたらす場合あるようです。適度な摂取を心がけたいですね。

■一日の摂取量はどれくらいまで?

出典:photoAC

カフェインを摂取することによる感受性は個人差があるため、健康に影響を及ぼす量を正確に評価することはできないようで、カフェインの1日摂取許容量は設定されていません。しかし、海外の各機関ではカフェイン摂取量について多少のばらつきはあるものの、最大摂取量の推奨や助言をしています。

・一般成人の場合

ドイツのリスク評価研究所では、健康な成人であれば短時間で200mgまでのカフェインを摂取しても安全と言われています。1日の最大摂取量は400mgまで摂取しても健康リスクは生じないそうです。

・妊娠中の場合

出典:photoAC

妊娠中は血液からカフェインが消えるまでの時間が普段より遅くなるため、カフェインの影響が大きくなることも。妊娠中にカフェインを過剰摂取すると母親への影響として、流産のリスクが高まる可能性があると言われています。胎児への影響は発育不良に繋がることで、低体重出産のリスクが高まり、将来の健康に影響を与える可能性もあるそう。そのため、世界保健機関(WHO)は妊娠可能女性の1日あたりの最大摂取量としてコーヒー3~4カップ程度を推奨しています。

・授乳中の場合

授乳中にカフェインを過剰摂取すると、母乳を通して微量ながらも赤ちゃんがカフェインを摂取してしまうことで不眠や興奮といった赤ちゃんへの悪影響を及ぼす可能性が。よってカナダ保健省では1日の最大摂取量を300mgと推奨しています。

■その他カフェインを含む飲み物は?

エナジードリンク、ココア、コーラ飲料、玉露、ウーロン茶などさまざまな飲み物にカフェインは含まれています。紅茶やコーヒーだけでなくこれらの飲み物にもカフェインが含まれていることを頭に入れておきましょう。

■子どもは紅茶を飲んでもOK?

出典:photoAC

子どもの1日あたりのカフェイン最大摂取量以内であれば、子どもが紅茶を飲んでも大きな影響はないでしょう。ただし、3歳までは控えた方がよいという、研究報告もあるようなので、注意した方がよさそうです。

・子どもはいつからカフェインOK?

子どもがカフェインを過剰摂取することにより不安や頭痛、疲労感といった症状が出る可能性が。また子どもの脳の発育を邪魔してしまう可能性もあるとして3歳まではカフェインの摂取を控えるべきと言われています。4~6歳の最大摂取量は1日25mg以下。7~12歳は50mg以下にするよう推奨されています。発育途中の子どもにはカフェインが含まれる飲み物は与え過ぎないようにしましょう。

・子どもにおすすめのノンカフェインの飲み物は?

出典:photoAC

子どもも安心して飲めるノンカフェインの飲み物は、健康にいいと言われる素材を組み合わせたブレンド茶や麦茶。汗と共に出ていくミネラルを補給できるため、水分補給にもよいのだとか。

■カフェインレスの紅茶3選

カフェイン量を気にする人が増えてきたことで、カフェインレス飲料のバリエーションも増えてきています。

・ティーブティック やさしいデカフェ紅茶 アップル

出典:カルディのデカフェに注目!カフェインレスでもおいしい☆

世界のお茶の専門店『Tea Boutique(ティーブティック)』の「やさしいデカフェ紅茶 アップル」は、りんごの香りがふわっと漂うノンカフェインのフレーバーティー。味は薄めでも甘くて飲みやすく、優しい口当たりなのだとか。ピーチやマスカットなどその他のフレーバーも販売されているので気分に合わせて飲むのも◎。アイスティーにするのもおすすめです。

・Lipton カフェインレスティー

出典:妊婦って紅茶を飲んでいい?カフェイン許容量やカフェインレス紅茶も紹介

リプトンの「カフェインレスティー」は香り豊かで適度な渋みのあるディンブラを使用して作られています。できる限りカフェインを取り除きながらもおいしさが保たれた紅茶です。強すぎず、心地のよい紅茶の香りのため寝る前にホッと一息つくのもいいですね。

・KIRIN 午後の紅茶 デカフェ ストレートティー

出典:@yagigigi1234さん

キリンの「午後の紅茶 デカフェストレートティー」は、キリン独自の「カフェインクリア製法」という特許製法の技術によって作られた茶葉の華やかな香りと紅茶本来のおいしさが楽しめるカフェインレスティー。持ち運びに便利なペットボトルタイプなのでお出かけ先で飲むのもよいでしょう。

■カフェイン摂取量に気をつけて快適な紅茶ライフを☆

出典:筆者撮影

健康的な成人であれば1日の最大カフェイン摂取量に気をつければ、人体への悪影響はほぼないでしょう。適量を摂取することによりメリットもあるので、過敏になりすぎないようにしましょう。ただし、コーヒーを何杯も飲む人は、紅茶より多くカフェインが含まれているため注意ですよ。特に妊婦さんや子どもが摂取する際のカフェインの量には気を使いましょうね。

shoco

1歳の男の子の子育てに奮闘中!旅行が大好きです☆夢は家族でフロリダディズニーに行くこと!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!